ホワイトニングとは

歯を白くしたいというのは、多くの方が思う事だと思います。
今では、白くなるというホワイトニンググッツもたくさん販売されていますし海外商品も多いです。
その中でも、ホワイトニング効果があると販売されている研磨剤入りの歯磨き粉ありますよね。
この歯磨き粉で歯は白くなるのかというと、なるし、ならないし、という結果です。
そもそも、歯の色が着色によって色がついてしまっている場合は、研磨剤の入った歯磨き粉の使用により着色した汚れをとってくれますので、本来の歯の色がでてきて白く見えるだけです。
しかし、汚れを落としてくれる研磨剤ですが、毎日使用してしまうと歯の表面に細かい傷をつけてしまうので、汚れが気になった時だけに使用することをおすすめします。
しかし、海外のホワイトニング商品は、歯の色を漂白する為、自分の本当の歯の色よりも白くすることができます。
歯を白くする過酸化水素や、過酸化尿素という物質を使って漂白するのですが、日本ではお医者さんの処方がなければ受けられません。
しかし、海外製品にはそれが含まれている為、漂白が可能なのです。
とはいえ、外人と日本人では歯の質は違いますし、大きさも違います。
日本人には、刺激が強い場合も多いです。
やはり、炎症や傷みが発生する可能性もあるので自己判断での使用は控えたほうがよさそうです。
なので、漂白をしたいときにはやはり専門の歯医者さんへ行き、処置してもらうのが一番安全ではないでしょうか。
歯医者さんであれば、個人個人にあった歯の色に調整しながら漂白をしてくれるでしょう。

ホワイトニング商品を使うか、歯医者に行くか

白い歯になる方法としてのホワイトニングがありますが、ホワイトニングといっても、自宅で行う様々な方法や、歯医者で行う様々な方法があり、その方法によって効果や時間、費用もかわってきます。 自分にあった方法はどのような方法か考えてからホワイトニングを行ってみてはいかがでしょう。

薬剤を使うか、汚れをおとすか

ホワイトニングの方法としては、薬剤を歯に浸透させて、歯の中にある象牙質の着色成分を分解する方法と、着色した汚れをとって本来の歯の色にすることの2種類があります。 薬剤を使用するのは、やはり、歯医者さんに行って処置してもらうようになりますが、汚れを落とすのは自宅でも可能です。

歯の色のタイプ別

歯医者でホワイトニングをせずに、歯磨き粉でなんとかならないかと考えている方も多いかと思います。 しかし、なかなか効果が実感できないということもよくあります。 実際、歯の着色にもタイプがあるので、自分にあわない歯磨き粉を使用していても効果はでません。 自分にあった歯磨き粉を選ぶようにしましょう。

PAGE TOP